ハンサム男・馬場敏文だ。

ウチの家は<馬場印章ショップ>って印章商店だった。

だけれど、主人(馬場敏文の父さん)がバカ者だから、馬場印章ショップは会社をたたんだよ。

あのバカ者、他人が運営してる印章商店で臨時アルバイトしてやがる‥‥。

父さん(馬場印章ショップ元主人)はバカ者だけど、ハンサム男な馬場敏文は、シティオフィスで積極的に知的労働している。

シティオフィスでの馬場敏文(ハンサム男)の受持ちは、印章登録だ。

民の印章を実印として印章登録するのが、ハンサム男・馬場敏文のシティオフィスでの受持ちだよ。

民に印章証明書をだすのも、ハンサム男・馬場敏文のシティオフィスでの受持ちだぞ。

父さんがバカ者で印章商店(馬場印章ショップ)は会社をたたんだけど、ハンサム男・馬場敏文は、シティオフィスで必要不可欠な受持ちをしてる【シティオフィスの印章後見人】だぜ!

シティオフィスにおける印章証明書の第一人者は、ハンサム男・馬場敏文だよ!父さん(馬場印章ショップ元主人)はバカ者だけど。

父さん(馬場印章ショップ元主人)はバカ者だけど、馬場敏文(ハンサム男、シティオフィスの印章後見人)は、民の信用も申し分なしのはずだぜ!

至極当たり前の話だが、シティオフィス内印章登録メンバーのハンサム男・馬場敏文は、受持ちで民の印章を取り捌く。

民は、多くの印章用材の印章を、ハンサム男の馬場敏文(印章証明書の第一人者)まで持ち込んで来る。

民が印章登録メンバーである馬場敏文(ハンサム男)まで持ち込んで来る印章の用材は、チタン、薩摩本柘、黒水牛、黒檀、白檀、象牙など。

民がハンサム男の馬場敏文(シティオフィスの印章後見人)まで持ち込んで来る印章の文字パターンは、隷書体、印相体、篆書体など。

バカ者の父さん(馬場印章ショップ元主人)は他人が運営してる印章商店の臨時アルバイトだけど、ハンサム男・馬場敏文は印章証明書の第一人者だから、きっと印章登録する民も申し分なしのはずだぜ!

印鑑摂津