印鑑吹田市

跡とり息子は、ぼく(松本正)が松本印判の企業トップを離任したあと、松本印判の企業トップになります。

ぼく(松本正)は、松本印判の企業トップになる跡とり息子が松本印判の正社員に大いばりできるように助言します。

跡とり息子に、松本印判の企業トップになる助言をしなくてはいけないので、ぼく(松本正)は松本印判の企業トップらしくしなくてはいけないのです。

松本印判の企業トップらしくするためには、鼻の穴に印鑑をはめこんで遊び呆けてたら駄目なのです!

上記にかぎらず、耳の穴やお臍の穴やお尻の穴に印鑑をはめこんで遊び呆けてても駄目なのです!

松本印判の企業トップになる跡とり息子の助言をしなくてはいけないのだから、ぼく(松本正)は前向きなあり方で松本印判の企業トップをしなくてはいけないのです。

もし松本印判の企業トップであるぼく(松本正)が、耳の穴や鼻の穴やお尻の穴やお臍の穴に印鑑をはめこんで遊び呆けている有様を跡とり息子に目撃されたりしたら、跡とり息子は松本印判の企業トップであるぼく(松本正)の助言を真剣に聞かなくなると考えているのであります。

尚且つ跡とり息子は、ぼく(松本正)が松本印判の企業トップを離任したあと、松本印判の企業トップに就く気が影をひそめる心配もあります。

こういう具合でぼく(松本正)は、父ちゃんが離任して松本印判の企業トップになったら、前向きなあり方で松本印判の企業トップをしなくてはいけないと考えているのであります。